<   2004年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブタはブタだからブタなんだよ!ブタブタすんなブタ!!

a0021192_225953.jpg
お言葉ですがオオカミ殿、ブタはブタ故、ブタブタするのが、身上。
そのブタにブタブタするなと言われましても、あっ、おいそれと!これお聞きするわけにはいきませぬなぁ。ブーブーブー。
ええい、このブタがぁ!
客席の豚A 猿芝居だね。
豚B 大根だな。
舞台では猿と大根が芝居をしている。
何それ。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-14 23:01 | 基地の外のうた

脳煮。

a0021192_01634.jpg
脳みそ煮えたもご存じない。
脳味噌、煮えても保存しない。
素晴らしい音をさせて、キラリンコ、今日も始まる。
タージ・マハール。
ぼくの知らない所で人生は再生している。
ビデオを再生する意味の英語はPLAY。遊ぶ?
再生。itユs a weird word for playing video.
再び生きる?
おお、あの映画が、てれゔぃの中で、再び生きている!
見よ!フランケンシュタインの再生を!
ジー、ガチャ。
色んなもん再生出来ますね。
玉袋の後ろはあったかい。
自殺するなら若いうち、
25までに死ねなかったら死ぬまでキチンと生きましょう。
なんて、無責任な発言。
世の中の気持ちの悪い人たちに告ぐ。お前等は最悪だ。
何言ってンだよ、こっちはこっちで。
気持悪い人は、胸に手を当てて考えて下さい。気持悪いはずです。
案外と気持よかったりしてな。
言ってる本人がおええええええ。
最悪だ。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-12 00:17 | 基地の外のうた

軽やかに生きたい。

a0021192_18516.jpg
誰に何を言っている。
何か言いたい事がある。君に言いたい事がある。
考えている事がある。集中してちょうだいな。
我慢して下さいな。ガム噛んで下さいな。熱燗でくださいな。
お前なんか臭いな。
あっちむいてホイ。
じゃんけん、じゃがいも、さつまいも。
あいこで、あつあげ、がんもどき。
何度も言うよ。
勉強が足りない。心意気が足りない。
覚悟足りない。
と、いうか覚悟はあるかないかの問題で足りる足りないではない。んで、なし。覚悟してない。腹括ってない。かっこわる。
俺は格好悪い。格好よろしくない。んなこたぁ、わかっとるって。
じゃ、おめぇカッコイイのかよ。
俺から見てお前は確実に格好わるいぜベイビー。明らかに頭悪いぜハニー。
己がねえぜ。外道だぜよ。大人じゃないぜ。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-10 18:06 | 基地の外のうた

三池崇史監督「D.O.A. デッド オア アライブ〜犯罪者〜」

a0021192_151336.jpg
ばははははは。
あー、おもろ。漫☆画太郎かよ。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-09 15:14

たぬきさん。

a0021192_03240.jpgお前なんかあっという間に困らせてやる。
どーだ、困ったか。
あー、困った困った。ど−しよう。
あ−もう困ったなあ。困った−。困った。
困ったよもう。
ははは、困ってやがる。
見ろ、お前達。あいつの困りっぷり。
あー困ってますね。すげー、困ってますね。
困った、あぁ、困った。さぁ困った。
イヤー困ったなもぅ。
困った困った困った時の、、、、なんだっけ。
わかんねー。あー、どうしよう、えーとえーと。
どうしよう、ほんと、まじで。
困ったなおい。えぇ?
あー、困っちゃった。
困っちゃった。
困っちゃった。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-05 00:32 | 基地の外のうた

展覧会告知。

a0021192_192234.jpg田中良平というのは私で、
そいつが銅版画の展覧会を
コーヒーチェリーという喫茶店で
やるんだと。
東急池上線荏原中延駅下車徒歩2分。
よろよろ、しくしく。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-03 19:23

いけない。

a0021192_23581.jpg
馬鹿な自分に甘えていてはいけない。
考えてるだけではいけない。
座ってるだけでは、尚、いけない。
いけないと言ってはいけない。
いけない、いけない。

行動を起こさなくてはいけない。
寝てばかりではいけない。
理想があんまり高くても、いけない。
かといって、安売りしてはいけない。
いけない遊びをしては、いけない?
本当に万引きはいけない?
いけない、いけない。

俺はお前を殺すけど、お前は死んではいけない。
もっと激しく腰つかえ。そんなんじゃいけない。
いけない。
何処にも、いけない。

最初から、いけない。
最後まで、いけない。
いけない、いけない。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-02 23:59 | 基地の外のうた

高野文子さん、礼。

a0021192_165014.jpg
うふふ。そんな。いやだわ。あなた。
切なくなるな。おい。高野文子は。かっこいいなぁ。
だってそうじゃないか。くくく。
ユリイカ2002年七月号をさ、シグマ書房で注文してさ、一週間たってその本が来てさ、買ってさ、読んだのさ。
それは高野文子の特集だったのさ。
それで、切ない。
大友克洋との対談を読んで、そんで、なんだか、切ない。
前々から思って知っていたけど、しばらく振りにこの人の事を考えさせられて。
やっぱり。
この人には届かない。この人には届けない。そして実に、俺が届こうとする必要も無い。
この人は孤高だ。
絶対無理だと解ると、そもそも違うと感じてしまうと、目標に出来ない。
不可能は目標にならない。無駄だから。
俺は、俺の出来る事をしよう。
これは、失恋に似ている。ふられた感じ。
もうしょうがない。どうあっても、届かない。
理解は出来るが、納得しない。
でも、ほんと、すげーよな。
いや、センパイ。まじで。
これぞ一流だよな。恰好いい。侍だもん。居合い抜きだもん。この人。
姿勢が違う。心構えが違う。そしてそれがどこまでも当たり前に写る。
憧れちゃうよな。全く。
そう、こう姿勢がよくて。弓とか、ナギナタとかね、やっちゃう女学生的な感じ。きりりと意志が強い感じ。も、好きだがそういう堅い事をしている割りに飄々としていてさ。あー。
ほんとはね、僕もこうありたいっすよ。こういう人間になりたいんですよ。
それでこそ憧れ、なんすけど。なんか、こうさ、唯一無二な感じ。
浮き世離れした感じ。うらやましいのよ。

何だか納得しちゃうのよね。ああ、やっぱり。こういう人だったんだ。
そうなんだよな。こういうマンガ。あんな、あんな漫画を描き得る人はこうだよね。ほんわりした肌触りを提供出来る、芯のある、この凡人の、実に外。
ほんと、かなわない。かなうとか、かなわないとかそんな問題でも、レベルでもないけども、やっぱり、こりゃどーにも、こーにもかないまへん。
だから、切ない。
[PR]
by ryonutsjp | 2004-06-02 16:51 | respects