余の考えがここまで漂流。

十一月六日(土)2004。曇りがちな晴。
あああ。
まぐれ、気紛れの言葉をまき散らしたいこの気分。
駄文、雑文、五分か十分。
ちっちきちーっだって言ったって、そうなんだって、無理なんだって。
だって、だってなんだかだって、お気に入りなんだもん、なんだって?
はなぺちゃ。
もっと早く、チョーダイ。京大に行って鏡台に登った、強大な兄弟。
くちびるから血が出るシーズン到来。
また、こんなんやんの?
季節の変わり目関係あんの?
どんな周期?
一週間にハレー彗星、三つか四つ。
それは、ないわー。
後頭部の下からジクジク柔らかくなっていく感じ。
虫喰いの柿。口がひんまがる渋さ。
悲しいバナナ。逃げ出したハムスター。
夢まくら、草枕、ドグラ・マグラ。
構成出来ない。思い付くまま。忘れ去るパパ。
歯科医師会って愉快じゃない?
「シカイシカイ」なんだもんな。
「司会は歯科医師会の鹿井の視界に入っていた。」
にょろにょろ。
愛してるよ。モウモウ。
聴いて下さい僕の新曲「キスして接吻。」
フランスのお茶漬け。ジュ・テーム、ジュ・テーム、ゴコーノスリキリ。うィ。
もう、いいかい。抱きしめたい。
ぎゅーっと。そんな、そんな。
肩もんであげゆ。
アタマ噛みついてあげゆ。
土踏まず、ふむ。
指をなめる。

a0021192_1342399.jpg
[PR]
by ryonutsjp | 2004-11-06 13:04 | 基地の外のうた
親不知。 >>